このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
アリゾナ

モニュメントバレー

ハリウッドの伝統的な西部劇の登場人物を気取って


ハイウェイ163は、アリゾナの境界線からわずか21km北を、モニュメントバレーの静寂に包まれた一枚岩に向かって南にまっすぐに伸びています。 底が平らな谷は、それ自体がナバホネイションが管理する公園です。ヤモヨモギの生えた低木地にそびえ立つ高層ビルのように巨大な砂岩の丘や塔の中で、部族の人々が暮らし、耕作を営んでいます。

ナバホ族にとっては、谷全体が神聖な土地です。 ここはハリウッドにとっても特別な場所です。数えきれないほど多くの西部劇の名作がここで撮影されました。 ゴールディングロッジと交易所では、この地域の映画の歴史を学ぶことができます。これは商人のハリー・ゴールディングと彼の妻「マイク」によって1924年に建てられた、モニュメントバレー内に実際に存在する唯一の宿泊施設です。 ジョン・フォード監督に、この地域の景色が彼の映画に理想的な架空の舞台を作り出すことができると説得したのは、ゴールディングでした。 フォード監督とジョン・ウェインは、この地で「駅馬車」(1938年)、「アパッチ砦」(1948年)など数多くの映画を次から次へと撮り続けました。 元々はゴールディングの交易所であったこの場所は、映画に関する記念品や歴史的な芸術品を数多く所蔵する博物館へとその姿を変えました。 隣には、素晴らしい眺望を約束する専用バルコニー付きの清潔な62の客室を擁するホテルがあります。ダイニングルームは、フォード監督の「黄色いリボン」のクルー達が町を訪れた際に建てられました。モニュメントバレーの景色が主役級の存在感を放つこの1949年の作品が、アカデミー賞撮影賞を受賞したことは不思議ではありません。

非常に美しく険しい未舗装の環状道路が、ビジターセンターから27kmにわたって伸びています。この道路は、トーテムポール、ミトンビュート、エレファントビュートなどと呼ばれる、完全に浸食された丘や削り取られた塔を通過します。 この荘厳な大自然のモニュメントは何百年もの間、1日のうちで移り変わる日の光を浴び、その姿を見た芸術家や旅行者は茫然と立ちすくみました。 すべての風景を堪能するには、少なくとも1時間のドライブが必要です(マウンテンバイクもお勧めです)。 ここは聖地であるため、道路から外れて徒歩で探索したり、ジープや馬に乗って探索する場合は、必ずナバホ族のガイドに同行してもらう必要があります。 日没時に谷に到着するように手配してください。まるで40年代の西部劇のエンドロールに足を踏み入れたような感覚を味わうことができます。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する