このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
アリゾナ

アンテロープキャニオン

渓谷の狭い岩壁の間にきらめく光線を探す


広大なナバホネーションは神秘的、驚異的な見どころに事欠きませんが、写真撮影に最も適しているのはアリゾナ州ページからすぐ近くにあるアッパーアンテロープキャニオンとローワーアンテロープキャニオンです。 これらの渓谷は水と時間の偉大な力を証言しています。長い歳月にわたって、雨が降るたびに洪水となって押し寄せた水が深く壮大な経路を築き、スロットキャニオンと呼ばれる人が通り抜けることができる細長い渓谷を形成しました。

この渓谷の名前の由来は、はるか昔、この辺りに野生のアンテロープが多数棲息していたことにまつわります。でも現在見られる動物は、人間だけです。 180mの長さに伸びるアッパー(上側)アンテロープ渓谷はコークスクリューという名称でも呼ばれ、2つの渓谷のうち、より人気の高いものです。 壁の高さは360mまで届き、アクセスも簡単です。長さ800mのローワー(下側)アンテロープやクラックの散策では、金属製の階段を上り下りします。 アッパーアンテロープのほうが、日光の動きがよく見えます。多くの写真家がこの現象を称えてカメラに収めています。 (写真撮影に時間がかかるカメラマンは、各渓谷で2時間のタイムリミットが設定されていることにご注意ください。)

どちらの渓谷もナバホ族にとっては霊的な聖なる場所とされてきました。 ガイドの案内がないと渓谷を訪れることはできません。リストはwww.navajonationparks.orgにあります。渓谷内に浸水することがあります。地元で雨が降っていなくても渓谷に他の地域からの雨水が流れ込んで急流となることがあります。

この地域を訪れる際は、レインボーブリッジも見逃せません。これは人工湖のレークパウェルの上にかかる高さ82.5mの見事な石の橋です。 この橋もナバホ族にとっては神聖なものなので、散策にあたっては、ナバホ族の公園管理局(Parks & Recreation)からの許可証が必要です。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する