タラデガ, アラバマ

タラデガ・スーパースピードウェイ

NASCARの興奮を体験した人々と喜びを共有


7,500万人のNASCARファンにとって、タラデガ・スーパースピードウェイは卓越したトラックであり、レースにまつわる多くの伝説を生んだ場所です。 バーミンガムのすぐ外側に位置する、収容人数143,000名、12㎢のこのオートバイの聖地で、観客は数々の地上最速のレース記録を目撃してきました。

ビル・フランスによって設立されたNASCAR (全米自動車競争協会)は、1949年にフロリダ州デイトナビーチで最初のレースを開催しました。ここは現在でも、組織の神聖な本拠地となっています。 1969年、フランスは他の州に事業を拡張し(ノースカロライナは非公式の本部)、アラバマ インターナショナル モータースピードウェイを設立します。これは1989年に、すぐ外側の小さな町の名前を取ってタラデガ スーパースピードウェイと改称されました。

NASCARの人気レース、ネクステルカップシリーズは、スリルが味わえる絶好のチャンスです。10か月以上にわたり、36の厳しいレースが各地で開催されます(タラデガでは2本のレースを開催)。 NASCARのトラックはすべて異なり、0.8kmからタラデガの4.28km (最長)まで、トラック長はさまざまです。 1987年、このトラックで、ビル・エリオットが最速ラップ記録( 212.809 mph)を樹立しました。 NASCARは翌年から、過度のスピードを防ぐリストリクタープレートを付けて走るようレーサー側に要請し規制を設けましたが、今なおこのトラックでは頻繁に事故が起きています。

NASCARの熱狂的なファンは「南部のレッドネック」であるという固定観念がありますが、実際は幅広いファン層を持っています。 ファンのうち南部在住者はわずか38パーセントです。4分の3が大学教育を受けており、40パーセントは女性です。

タラデガに隣接する国際モータースポーツ殿堂と博物館には、インディに参戦した100台を超える車やトラック、1919年フォード、その他のレーシングカーなどが新品同様の美しさで展示されています。 展示されている車には、ビル・エリオットの1985年フォードサンダーバード、ダレル・ウォルトリップお気に入りのレースカー「バーサ」、デイル・ジャレット、リチャード・ペティ、ボビー・アリソンがデイトナ500を制したレーシングカーなどがあります。 NASCARとは関係ありませんが、近くのバーバービンテージモータースポーツ博物館は、この場所を訪れるモーターファンがよく足を運ぶスポットです。 この非営利の博物館は、1960年代から70年代にポルシェを修復してレースに参戦した地元の会社員ジョージ・バーバーによって設立されました。1,000台を超えるマシンの驚異的なコレクションからオートバイの歴史をたどることができます。 お気に入りはすぐに見つかります 1969年の映画 「イージーライダー」に登場するハーレーダビッドソンのレプリカがあります。 博物館の隣には、素晴らしいバーバーモータースポーツパークがあります。3.7kmのカーブしたロードコースはオートバイやクラシックスポーツカーのレースに使われ、ポルシェ ドライビング エクスペリエンスなどのスクールやクラブの拠点になっています。

この旅行プランは次の場所で見つかります。

1,000 Places to See in the United States & Canada Before You Die©

当サイトに記載されている場所の連絡先の詳細、アメリカ旅行のその他のアイデアは、ベストセラーとなっているパトリシア・シュルツの本でご覧いただけます。

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する