6月 20, 2014

サンタバーバラ、マリブ、サンタモニカ


こんなに晴れた朝には、ビーチに行きたくて行きたくて。太平洋を臨む広いビーチを散歩したり、朝日を堪能したり、タコノマクラ(ウニの一種)を探したりするなら、朝なら夢の様な時間を過ごせます。散歩で元気を充電してから、サンタバーバラの歴史を体験しに向かいました。

カリフォルニアの人たちが週末に行くところ
カリフォルニアのサンタバーバラは、「アメリカのリビエラ」と呼ばれることも多く、この州の最高の場所だと考える人はたくさんいます。地中海風の建築物、陽気だけれどのんびりしたカレッジダウンの雰囲気、花の香りが漂う空気(ジャスミンと、ヒヤシンスと、オレンジの花)に誘われて、都会の喧騒をちょっと離れたい人々がカリフォルニア州のあちこちから集まってくるのです。私たちはまず、この街の名所の1つから見物することにしました。

「クイーン オブ ザ ミッションズ」
スペイン人のフランシスコ会修道士が1786年に建てた教会、「オールド サンタバーバラ ミッション(Old Santa Barbara Mission)」は、聖バルバラ(この街の名前の由来です)の祝日を記念して造られました。200年以上が経つ今、その精巧な建築構造を眺める見学者たちにまじって、私たちも歴史ある中庭に立ってみました。ここには豊かな歴史がありますが、決して圧倒されてしまって吸収できないというものではありません。カリフォルニア全体に漂うスペイン文化の個性的な雰囲気がここでも流れています。40000平米のカラフルな庭が取り囲み、避難所と会議室も備わっていて、ここが今も教会と文化センターとして機能していることがわかります。

ファンクゾーン
サンタバーバラでぜひ見ておきたい大注目の新しいエリアと言えば、ファンクゾーンです。かつて工業団地だった場所なのですが、今では工場や倉庫がファンキーなショップやワイナリー醸造所になっています。いかにも観光地らしい州道沿いとはまた違ったエリアです(人ごみを避けたい場合もおすすめです)。私たちも買い物をして、見学をして、店員さんやサーファーや地元の人達とのお喋りを楽しみました。現代風でありながら居心地のいい雰囲気があって、離れがたい思いがしました。しかもここは評判のよいワイン醸造所が集まっているので、気軽に「散歩&テイスティング」を楽しめます。ファンクゾーンに乾杯!

いざマリブへ
パシフィックコーストハイウェイに戻ると、まるで古い友達に会いに戻ったような気がしました。北側に見えていたごつごつした海岸線が、いつのまにか、南側の崖のふもとの広々とした砂浜へと入れ換わっていたことに気づきます。世界でも最も高く評価されているビーチのいくつかが、ここマリブにあるのです。私たちはポイントマグー州立公園で車を停め、ワイルドな太平洋の景色を堪能しました。波が打ち寄せ、遠くのボートが風に傾く様子を何枚か写真に収めます。でも、そろそろまたお腹がすいてきました。

地元の味
この旅では素晴らしい食事の数々を楽しんできましたが、まだまだ飽き足りません。マリブの道路沿いには、景観を楽しめるレストランがたくさん並んでいて、カジュアルから高級までさまざまな食事を提供しています。私たちが向かったのはネプチューンズ ネット(Neptune’s Net)という古典的なシーフードレストラン。個性的な雰囲気とおいしいシーフードが一緒に楽しめます。ここでの楽しみの1つは、自転車乗り、サーファー、家族連れ、そして尽きることのない海水浴客など、実に多彩な人間観察ができること。食べ物のほうはオイスターに、フィッシュタコスに、それからフライドシュリンプも出てきて、私たちもエネルギーを取り戻しました。世界でも指折りのショッピングエリアと、ロサンゼルスの華やかな雰囲気を求めて、早く南へ行きたい気持ちが高まってきました。

サンタモニカと観覧車
マリブのビーチを抜けて、南のサンタモニカへ。短いけれど美しい30km弱のドライブです。サンタモニカは40平方キロメートルほどの歩いて回れる街です。気分よく車を停めて、有名なサンタモニカ埠頭の水上アミューズメントパークへと徒歩で行きました。ルート66の看板のところでお約束の写真を撮って(サンタモニカは、有名なルート66の終着点なのです)から、世界で唯一の太陽光だけで動く観覧車に直行しました(9階建ての高さ!)。景色にも、そして埠頭の楽しいアトラクションの数々にも感動して、次はショッピングの気分です。有名店のほか地元経営のブティック、大道芸、露天、そして何十という素敵なレストランが立ち並ぶサードストリート プロムナードをうろうろしてみました。友人達は、この歩行者専用の大通りはサンタモニカの雰囲気に触れる素晴らしい道だね、と言っていました。

ウエストハリウッドならではの光景
WeHoとも呼ばれるウエストハリウッドは、L.A.で1、2を争う素敵なエリア。最高にお洒落なクラブ、飲食店、ライブハウスなどに出会います。有名なサンセットストリップもここにあります。ショッピングをするなら高級ファッションブティックが集まるロバートソン ブルバードへ。私たちは1日の締めくくりとして、モンドリアンホテル内にある新しいレストラン、ヘリングボーン(Herringbone)で素晴らしいシーフードディナーをいただきました。明日もわくわくする1日を控えて、あたたかく迎えてくれた人々と、盛りだくさんな街の楽しい風景に、おやすみと言いました。

明日はハリウッド、ユニバーサルスタジオ、グラミーミュージアムに行きます!

お役立ち情報
サンタモニカ埠頭には夜に行ってみてください。または、夕焼けの美しい景色に間に合うように。少しその場にたたずんでいれば、海に照り返すアミューズメントパークのライトアップを眺めに人々がここに集まる理由がわかります。心を奪われますよ。

このロードトリップの続きを読む
ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する