このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
8月 16, 2014

ニューイングランド北部へ


アメリカの北東部は、アウトドアファンから言われなき非難を受けることがあります。単に小さな州がいくつも集まっているだけで、大都市ばかりで、自然が失われた地域じゃないか……と。けれどニューイングランドと呼ばれる地域の北側、ニューハンプシャー州とメイン州を訪れた私たちは、その思い込みはまったくのいつわりだと知りました。

例えばホワイトマウンテン国立森林公園。ニューハンプシャー州の中央を約3,100㎢にわたって広がっていて、アメリカ北東部で最も標高の高い山々があり(ワシントン山は標高1,917mです)、何マイルも果てしなく続く森林があり、有名なアメリカグマなどさまざまな野生生物がいます。いずれも近寄りがたさは全くなし。むしろ、この森林公園を楽しむ方法は実にたくさんあるのです。160㎞のアパラチアントレイルを含め、さまざまなトレイルコースが2,000km近く連なっているので、仮に何カ月も通ってもほんの一部しかハイキングできないほど。景色のよいキャンプ場も23カ所あり、テントを立てる場所にも困りません。池や川では、釣りをしたり、泳いだりといったアクティビティができます。冬季なら、アルペンスキーおよびノルディックスキーを体験できる北東部でも最高級のスポットがいくつか。つまり、このホワイトマウンテン国立森林公園は、文字通り1年中楽しめる場所なのです。

ホワイトマウンテンの真東には、ダウンイーストと呼ばれるメイン州の海岸にぶつかります。その周辺に広がるのが、東海岸の保護区としてはほぼ最古のエリア、アカディア国立公園です。主にマウントデザート島にある公園で、滑らかな剥きだしの山々や、この島の歴史的住居や建物を網羅して数マイルも続く道路網が特徴的(ジョン・D・ロックフェラー2世が、ここに広大な敷地を所有していました)。砂浜と、うっそうとした松林、いくつかの離島、そして海洋生物の生息環境があるのも特徴です。早起きしてキャデラックマウンテンに登れば、この国で最初に昇る朝日を拝めます。険しい岩だらけの沿岸を歩いていけば、「北東部は喧騒ばかり」という決めつけがどこから来たのか、疑問に思ってしまうことでしょう。

 この旅をするにあたってはアメリカ合衆国国立公園局の情報が大変参考になりました。ここに紹介したもの含め、壮大な国立公園について詳細を知りたい方は、www.nps.govにアクセスしてください。

-ショーン・ミシェル・ウィリアムス(映像制作者、アウトドア愛好家)




ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する