このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
3月 11, 2016

五大湖を巡るロードトリップ


地球上で最大規模の淡水湖群があるアメリカ中西部の五大湖周辺地域には、数々の大都市があり、大自然が広がっています。この美しい地域は、人と文化がパッチワークを織り成す場所でもあります。この地域にはさまざまなアメリカの歴史が刻まれています。自動車製造、漁業、農業から、ロックンロール、高速モータースポーツに至るまで、私たちのアドベンチャーの舞台を整えてくれました。

私たちの旅は、ウィスコンシン州ミルウォーキーの雄大なミシガン湖の西岸で華々しく、おいしいビールで始まりました。ハーレーダビッドソンの本社では、最初の訪問先にふさわしく興奮のどよめきが沸き起こりました。オートバイの進化が、多くの芸術的な作品とともに、会社の歴史を通して紹介されている、大規模なコレクションを見ることができます。私たちはみな、旅全体、そしてそれ以上のものにエネルギーを与えるのに十分なアドレナリンとオクタンに包まれました。喉の渇きを抑えられず、「ハイライフ」の味見をし、ホップや歴史について学ぶために、ミラー・クアーズ・ブルワリーに向かいました。ミルウォーキー・パブリック・マーケットでおいしいランチを食べて、歴史的な街並みの第 3 区を散策しながら写真を撮り、素晴らしい初日は終わりました。次の日の朝、ウルフピーチで街の絶景を見ながら簡単な朝食を済ませた後、アラモレンタカーに寄り、これからの私たちの冒険にふさわしい、ぴかぴかのジープグランドチェロキーを借りて、ウィンディシティ(風の街)と呼ばれるイリノイ州シカゴに向けて出発しました。

シカゴは、ミシガン湖の南西岸に位置し、アメリカ中西部では非常に魅力的な街です。6 つのプロスポーツチームの拠点であり、底が深い皿で焼いたシカゴピザ(底冷えのする冬でもあります)、そしてさまざまな文化や料理があり、きちんと味わうには数日間が必要です。最初にフレンチマーケットに行き、クロワッサンとコーヒーを持って、シカゴ川をクルーズで巡る魅力的な建築ツアーに参加し、川から街を探検することにしました。午後は食べ物と景色三昧でした。チャイナタウンのおいしい火鍋屋(味のついただしが入った鍋で自分で肉と野菜を煮て食べる)を訪れた後、ウィリスタワー(以前はシアーズタワー)の 108 階に上り、眼下の湖と街の壮大な眺望を楽しみました。ちょっとフランス風というテーマを続けて、ル・コロニアル・フレンチ・ベトナム・レストランで、ベトナムの蒸し春巻きバンクオンなどの、とてもおいしい(そしてユニークな)料理を味わいました。食事には、味わいと物語がいっぱい詰まっていました。

次の日は早起きして、屋台でステーキ・アンド・エッグの朝食を食べた後、科学産業博物館に行って、地球科学からロボット工学や航空宇宙まで、多くの印象的な展示に感嘆しました。精力的に探索したからか、とてもお腹が空いたので、ダウンタウンに戻り、ザ・ゲージというガストロパブで、さまざまな種類のパブ風料理を堪能しました。ランチの後、道路の向こう側にある有名なミレニアムパーク(Millennium Park)まで歩いて行きました。ここでは、リフレクティングプール、豆型のアート「ビーン」、そしてシカゴの湖畔地区を象徴するこの見事な都市公園の周りにある遊歩道を楽しみました。ここから、カーニバル風のネイビーピアまで歩いてすぐです。ネイビーピアでは観覧車に乗り込み、喉の渇きを癒やすためにストロベリーレモネードを手に、景色を満喫しました。ルーマルナッティズの、絶対に食べておきたい深皿焼きのピザで、また素晴らしい一日を締めくくることができました。ルーマルナッティズでは、同行の中国人ゲストのラオ・ソンを、中国語の乾杯である「ガンベイ」で歓待しました。

その日の朝は、ミシガン湖の南端に向かう前に、大好きなアメリカのポップスターの 1 人である、マイケル・ジャクソンの生家を訪れるために早起きしました。その後はミシガン州の素敵な街グランドヘブンで素晴らしいアウトドアを楽しむことになっています。 

グランドヘブンは、ミシガン湖の東岸に位置する、静かで特別な美しさを持つ街です。グランドヘブンは、正式には「アメリカ沿岸警備隊の街」として知られており、中西部で強く醸し出されているいかにもアメリカ的な雰囲気が満ち溢れています。運河のほとりでの、ビジット・グランド・ヘブンの人たちとの素敵なディナーのすぐ後に、グランドヘブン州立公園(Grand Haven State Park)のビーチと埠頭から夕日を見ました。これほど美しい夕日はこれまで見たことがありません。変化する空の色と美しさに心を奪われ、五大湖の美しさと広さに改めて感動しました。その後、急いで車に戻って、国内で有数の豪華な音楽噴水ショーを見に行きました。このショーは、噴水の足元から直接ライブで見ることができます。この噴水は、このタイプの噴水の中では最大級で、毎晩ショーがあり、ナイトライフの終わりに楽しいおとぎの世界を届けてくれます。

次の日は最初に、ロージーマウンド州立公園(Rosie Mound State Park)に出かけ、ミシガン湖の大自然を豊かに象徴する砂丘と湖岸を探索しました。靴に入った砂を出してから、ミシガン州グランドラピッズまで東に向かいました。グランドラピッズでは、ファウンダーズブルワリーでおいしいアメリカンスタイルのランチをとり、街の散策に少しの時間をあてた後、車に戻ってデトロイトに向かいました。歴史的なミッドタウンにあるフェリー・ストリート・ホテルにチェックインした後、ディナーのために、グリークタウンのペガサスに寄りました。またしても過密スケジュールとなった一日の終わりに、湖岸を散歩して夕日を楽しみ、アメリカで唯一、デトロイト川をはさんでカナダ(オンタリオ州ウィンザー)が南に見える場所に行きました。次の日の朝、音楽の歴史にひたるため、モータウンレコードの本社があったところに向かいました。マイケル・ジャクソン、スモーキー・ロビンソン、シュープリームスなどのレジェンドが皆、大ヒット曲をレコーディングした場所です。それぞれのスタジオが持つ歴史には、鳥肌が立ちました。正統派のコニー・アイランド・ホットドッグ(おいしいミートソースがかかっています)を、隣同士に建っているライバルの 2 つのレストランのうちの 1 つで食べました。ランチの後、アールデコ様式のガーディアンビルディングを見学し、それからヘンリーフォード博物館に向かいました。ここでは、初期のさまざまな自動車を見て、「モーターシティ」デトロイトに影響を与え続けている意味深い自動車の歴史を学びました。

次に訪れたのはオハイオ州クリーブランドで、目を奪われるような美しい夕日にちょうど間に合いました。そして、世界に通用する素晴らしいディナーをダウンタウンの 4 丁目にあるローラで味わいました。リブアイステーキ、ロブスターテール、そしておいしいウィスキーが、この夜のクライマックスを飾り、心もお腹も幸せに満たされて眠りにつくことができました。クリーブランドの明るく晴れた朝を迎え、ロックの殿堂博物館まで車を走らせました。ここには、エルビスのオートバイ、ビヨンセの華やかなコンサート衣装、ボブ・マーリーの手書きの歌詞などの、きわめて特別な思い出の品々が集められています。次に立ち寄ったのはオハイオ州コロンバスです。ウルフズ・リッジ・ブルワリーのグルメバーガーとクラフトビールのランチで手早くお腹を満たした後、車に戻ってインディアナ州インディアナポリスに向かいました。 

インディアナポリスは、インディ 500 とモーター・スピードウェイで有名で、中西部でのオートレースの人気を支え続けています。博物館で目と耳で、歴史やさまざまな知識を学んだ後、実際にコースで同乗させてもらいました。他では決して体験できない 275 km 近くのスピードで 3 周です。本物の NASCAR ストックカーの中で、オクタンに誘発されてアドレナリンがあふれ出しました。次に、インディアナポリス・カルチュラル・トレイルで、街を回る自転車ツアーに参加しました。このトレイルは、さまざまな観光スポットと周辺区域を巡っていて、博物館の前を通ったり、運河の横の橋をくぐったりします。自転車ツアーとボリュームたっぷりのランチの後、国内で唯一の本格的なベニス風のゴンドラに乗りました。イタリア伝統の服を来たベテランのゴンドリエとともに、片手にワイン、もう一方の手にカメラを持ち、運河をゆっくり下りました。今回の旅の最後のディナーは、ダウンタウンにある有名なセント・エルモ・ステーキ・ハウスでした。これまで経験したことのないくらい素晴らしいビュッフェで、お店の有名なシュリンプカクテル、車エビ、そして料理に合わせて何種類かのおいしい赤ワインを楽しみました。インディアナポリスでは、本当に心地良く過ごすことができました。中西部の深い愛情が心に響き、五大湖の旅を豊かに締めくくることができました。 

Discover America の旅を続ける私たちのさらなるアドベンチャーにご注目を!

コリー・ウォレン


このロードトリップの続きを読む
ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する