このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
2月 16, 2016

写真で見る大陸横断鉄道の旅


何千キロも旅をし、数え切れないほど多くの素敵な思い出を作った後、アメリカ南部を横断する鉄道の旅の終着点にたどり着きました。

Discover America ロード・トリップ・クルーの旅には、インドの旅行ブログトップ 10 の 1 つである BE ON THE ROAD(ビー・オン・ザ・ロード)の開設者のサンカラ・サブラマニアンが同行しました。ロサンゼルス(カリフォルニア州)からボルチモア(メリーランド州)まで鉄道を利用して一緒にアメリカを見て回り、アドベンチャーをカメラに収めました。今回の旅から選んだ私たちのお気に入りの瞬間をいくつかご覧ください。

私たちのアメリカ横断の旅はロサンゼルス(カリフォルニア州)から始まりました。エースホテルからの、イルミネーションに照らされたロサンゼルスのスカイラインはそれは素晴らしい眺めでした。

 

ロサンゼルス滞在中に、ステイプルズセンターに立ち寄りました。ここは、有名バスケットボールチーム「ロサンゼルスレイカーズ」の本拠地です。サンカラは、名高いレイカーズのポイントガード、マジック・ジョンソンの像のそばでバスケットボールの技を披露しました。

サンタモニカピアでは、ゲームや乗り物に挑戦しました。でも、タコスなどのおやつを食べながら、南カリフォルニアの太陽の下で散歩するだけでも同じように楽しめました。

 

海岸に行かずして南カリフォルニアを離れるわけにはいきません。私たちはサンタモニカのマッスルビーチ発祥の地と記された看板の前で歩みを止めました。1930 年代にアメリカのフィジカル・フィットネス・ブームが起こったこの場所で、サンカラは筋肉美を披露することができました。現代版のマッスルビーチは、少し南のヴェニスビーチにあります。そこでは今も人々がワークアウトに励む姿を目にすることができます。

 

アメリカ南西部の乾いた砂漠地帯を勢いよく通り過ぎながら、丸 1 日以上列車で過ごした後、テキサス州の州都、オースティンに到着しました。市内を散策中に、人目を引くテキサス州議会議事堂のこの写真を撮影しました。議事堂は一般公開されおり、ツアーで見学できます。

旅のお気に入りの思い出の 1 つは、オースティン中心部にあるコロラド川の人造湖、レディーバード湖に沈む夕日を眺めたことです。気候が温暖なので、市内では屋外で 1 年中楽しく過ごすことができます。

アメリカのガルフコーストに沿って 19 時間列車で移動した後、ニューオーリンズルイジアナ州)に到着しました。ここでは、運よく、歴史あるフレンチクオーターの通りで生演奏をしている場面に遭遇しました。

ボルチモア(メリーランド州)では、ラスティスカッパーというレストランで、インナーハーバーの水面を行き来するボートを眺めながら、地元のワタリガニに舌鼓を打ちました。

 

私たちの旅はワシントン D.C. で終わりを迎えました。ここでは、ナショナルモールを象徴する記念塔を訪れました。ツアーを少し中断して撮影したのがこの写真です。サンカラが 170 m 近い高さのワシントン記念塔を「手に持って」います。


ブルースハイウェイのロードトリップに出かけて、ニューオーリンズとその先の地域で音楽に酔いしれてみませんか。

ワシントン D.C. の歴史をじかに体験したいなら、このアメリカの首都のガイドを参考にして計画を立てましょう。


このロードトリップの続きを読む
ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する