このサイトでは、より快適に閲覧できるようCookieを使用しています。Cookie使用の詳細については、こちらをご覧ください。

x
OK
3月 11, 2016

大陸横断鉄道の旅 - ロードトリップに関する Q&A


アメリカを列車で横断する旅のチャンスが転がってきたら、断る手はありません。私たちのアメリカ横断の旅は、カリフォルニア州ロサンゼルスからワシントン D.C. をめざして、代表的な観光地に立ち寄りながら進みました。

私たちの旅には、人気の高い旅のブランドであり、インドの旅行ブログトップ 10 の 1 つである「Be on the Road(ビー・オン・ザ・ロード)」の開設者のサンカラ・サブラマニアンが同行しました。サンカラは、旅行コンサルティングを提供する新興企業の創設者であり、旅行に関する講演をよく実施しています。さらに、「ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー」誌インド版、BBC ワールドワイド、「エコノミックタイムズ」紙、「ザ・タイムズ・オブ・インディア」紙、その他多くの出版物で著作物が取り上げられているフリーランスのトラベルライターでもあります。彼の世界に関する深い知識と好奇心は、人を驚かせると同時に魅了します。そんな彼と一緒にアメリカ横断の旅をする機会を持てたことは名誉でもあり特権でもありました。私たちはサンカラにアメリカ旅行の印象について尋ねました。以下、彼が語った内容を紹介します。

Q:訪れた場所の中で最もユニークな場所はどこでしたか?理由も教えてください。

A:それは間違いなくニューオーリンズです。この都市は、フランスとスペインの支配を受けた歴史が色濃く残るという点で、アメリカの他の場所と非常に異なっています。祭りの精神、食事、危険な響きのするカクテル、タブー、広大なミシシッピ川をはじめとする多くの特徴があるため、アメリカの中で私のお気に入りの都市になっています。


Q:旅行中に食べたものの中で何が一番おいしかったですか?素晴らしいと思ったのはなぜですか?

A:ニューオーリンズのバーボン・ブレッド・プディングです。私は上質のウイスキーに目が利き、質の高いバーボンをこよなく愛しています。そのうえ、おいしいデザートにも目がありません。だから、素晴らしいバーボンと素晴らしいデザートを組み合わせたものは、自動的にお気に入りリストのトップに躍り出ます。

Q:旅行中に見たものの中で最も美しかったものは何ですか?強い印象を与えたのはなぜだと思いますか

A:ルイジアナ州のポンチャートレイン湖を列車で横断したときのことです。雨が激しく降っていて、ポンチャートレイン湖からは水があふれていました。列車が湖を渡ったとき、線路の両側まで水が寄せてきており、突然、鉄道の旅から船の旅に変わったかのようでした。この体験はかなり超現実的なものでした。巨大な水の塊の上を列車に乗って渡ることはめったにありませんから。

自国でも他のどの国でもこのような体験をしたことはありません。

Q:旅行中に起こったおもしろい話や、ご自身の体験、アメリカそれ自体、または出会った人々について具体的に学んだ驚きの事実を聞かせてください。

A:この話をしたら、きっと笑うと思いますよ。

今回の旅でワシントン D.C. を訪れたときのことです。首都を訪れるのは初めてだったので、他の初訪問の人と同じように、権力の座であり、世界を代表する建物の 1 つであるホワイトハウスの見学を熱望していました。でも、ホワイトハウスの前に立ったとき、当惑してしまいました。なぜかと言うと、ホワイトハウスのイメージが、いろいろな映画の中で見てきたホワイトハウスのイメージと一致しなかったからです。どういうわけか、私はホワイトハウスには大きな白いドームがあると思い込んでいたのです。正面に立って、ドームを必死に捜しましたよ。後になってやっと、ホワイトハウスを国会議事堂と混同していたことがわかりました。明らかに、まごついた表情を浮かべていたのは私だけではありませんでした。私のアメリカ人の友人や他の観光客も同じ驚きの表情で顔を見合わせていたんです!

Q:今回のアメリカ横断の旅を始める前、アメリカ旅行に対してどのような印象を抱いていましたか?

A: アメリカは広大な国だと前から知ってはいましたが、これまでテキサス州から東には足を踏み入れたことがなかったので、ロサンゼルスからワシントン D.C. までの景観の多様性にすっかり圧倒されてしまいました。西海岸の打ち寄せる波から、ワシントン D.C. の整然とした通り、ネバダ州、アリゾナ州、およびニューメキシコ州に果てしなく広がる砂漠、そしてルイジアナ州の沼地まで、アメリカの南半分は興味深い風景、文化、歴史などたくさんの魅力に満ちています。

しかし、私の興味をそそった重要な点は、アメリカはかなり新しい国であるにもかかわらず、歴史と文化が非常に豊かであると実感するようになったことです。学生時代にアメリカの歴史を学んだことがなかったので、このようなことは想像もしませんでしたが、発見できてうれしく思います。

Q:海外の旅行者はあなたの旅行のどのあたりに最も興味を持つと思いますか?

A: 私たちがアメリカ横断の旅に利用したミレニアム・トレイン・プロジェクト(MTP)は、かなり特別な体験でした。ドーム型の展望席、専用ベッドルーム、ラウンジ、キッチンなどが付いたクラシックな時代の特注の列車車両で旅行をするのは、めったにないことです。

しかし、それはそれとして、MTP の旅で訪れた場所の 1 つ 1 つが格別のものだったのです。毎日高揚感に満たされていたように感じていました。ロサンゼルスのハリウッドの生活、ニューオーリンズの活気ある植民地文化、テキサス州サンアントニオの静かな川沿いの町、メリーランド州ボルチモアの漁業の町、ヤングフェスティバルに熱狂するオースティンの町、アメリカの首都など、それぞれの場所を探ること、それ自体が旅でした。

外国からアメリカに来る旅行者なら誰でも、景観が変化に富んでいること、それぞれの土地が非常にユニークであることを高く評価すると思います。当然、列車の旅も賞賛するでしょう。鉄道の旅は独特な視点を与えてくれるからです。


Q:アメリカ横断鉄道の旅に挑戦したいと考えている旅行者へのアドバイスを聞かせてください。

A: まずは挑戦してみてください。何から何まで楽しめると断言できます。ロードトリップよりゆっくりしているかもしれませんが、独特な視点というものを楽しむことができます。個人的には、快適な列車の座席に腰掛けて、窓の外を通り過ぎる景色を眺め、地元の人と交流する方が、何マイルも続く砂漠を車で通り過ぎるよりもいいものだと思います。

Q:今回の旅行体験に関して付け加えておきたいことはありますか?

A: 今回の MTP の鉄道の旅は、私にとって格別なものになりました。インド出身なので、鉄道の旅には慣れていますが、この MTP の列車の旅は別格でした。素晴らしい人々と一緒に、見事な景色を楽しみながらこの類の旅を体験したことで、五感のすべてを通して楽しむことができました。

今回の鉄道の旅によってさらに興味がかき立てられ、今度はシアトルからボストンに行く北ルートを巡りたいと考えています。その日がすぐに来るように幸運を祈っています!! 


このロードトリップの続きを読む
ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する