ロサンゼルス, カリフォルニア

カリフォルニア州ロサンゼルス: 鮮やかな文化と歴史に残るハリウッドのルーツ

By ケイト・ドネリー


映画監督ニコラス・ストーラーは脚本家および監督になる夢を抱き、住み慣れたニューヨークの街に別れを告げ、16年前にロサンゼルスへ転居しました。その後、映画監督として数々の人気コメディー作品を手掛け、代表作として知られる『寝取られ男のラブバカンス』と『伝説のロックスター再生計画!』では、ロサンゼルスを舞台に撮影を行いました。「ロサンゼルスに来なければ、僕の夢は実現していなかっただろう」と彼は言います。

ロサンゼルスはアメリカの映画・テレビ産業の中心地です。初期のスタジオ・システムがハリウッドに誕生したのは温暖な気候が理由だと言われており、この場所では現在も変わらず映画製作が繁栄しています。「ロサンゼルスが映画撮影に適しているのは、昔も今も変わらない。明るい陽射しが降り注ぎ、色んな表情が撮れるからだ」とストーラー監督は説明します。

「ロサンゼルスはアーティストとして生計を立てられる数少ない都市」だと語るストーラー監督は、ロサンゼルス暮らしを自ら満喫しています。彼はロサンゼルスの魅力として生活空間、鮮やかな芸術や食文化、素晴らしい天候などを挙げ、「住むには最高の場所」だと絶賛します。ロサンゼルスは食を楽しむのにも最適な街です。ストーラー監督の情報によれば、カリフォルニア州は「アメリカ国内における農産物生産の中心地」として知られ、ロサンゼルスの食文化に貢献しているそうです。

ロサンゼルスを旅行する際には、ベニスやサンタモニカなどのビーチ周辺をのんびりと散策したり、またサンゼルス郡立美術館(LACMAゲティ美術館など、文化の宝庫を訪れたりするのがストーラー監督のお勧めです。

「ロサンゼルスでは古くからモダンアートの伝統が継承されている」と語るストーラー監督は、「ロサンゼルスには文化がないという非難を不思議だと感じる。世界文化の発祥地はロサンゼルスだと思う―良くも悪くも」と言います。

ストーラー監督は「ロサンゼルスには郊外にいるような雰囲気があるが、車や徒歩で1マイルほど行くと、そこはコリアタウンだったりする!」と笑います。再開発が完了したばかりのダウンタウンでは、フランク・ゲーリー設計のウォルト・ディズニー・コンサートホール、モダンなホテルやグラミー博物館が隣接するL.A.ライブ、多彩なグルメを提供する店舗が集まるグランドセントラルマーケットなど、様々なアトラクションを満喫できます。もしも映画を観たい気分なら、アイコニックなシネラマドームやTCLチャイニーズシアターを訪れるのがストーラー監督のお勧めです。

ロサンゼルスはニューヨークと同じ大きさだと言われていますが、いつでも簡単に都会から逃れることができます。ストーラー監督は、周りを囲む丘を眺めながら自然の風景を楽しみます。「アメリカで最も規模の大きなシティパークの一つとして知られるグリフィスパークに行くと、都会にいることを忘れ、まるで森の中にいるような気分になる」とストーラー監督は話します。

詳しくは当サイトのロサンゼルス・ガイドへ。

映画監督:ニコラス・ストーラー

出身地: ロサンゼルス

代表作:『寝取られ男のラブバカンス』『伝説のロックスター再生計画!』『ネイバーズ』『憧れのウェディング・ベル』

SNS: Twitter

 

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する