ユタ

ユタ:大自然の裏庭で究極のIMAX体験を満喫

By ケイト・ドネリー


ユタ州に果てしなく広がる、息を呑むほど美しい赤い岩は、映像の魔術師、グレッグ・マクギリブレイにとって格好の背景です。彼が経営するマクギリブレイ・フリーマン・フィルムズは、アクションおよび空撮映画を専門に制作しています。彼が映画を制作する上でキャンバスとなるのは世界最大の映写システム。すなわち、現在出回っているいかなるフォーマットよりも鮮明でくっきりした映像を提供する、大人気のIMAX体験です。ユタ州にあるブライス・キャニオン、アーチズ国立公園、キャニオンランド国立公園などの場所にとって、このテクノロジーは格好の存在です。マクギリブレイはこう言います。「国立公園は自然と一体感を味わう喜びをもたらしてくれ、IMAXシアターではリアルな臨場感が体験できます」。

マクギリブレイは、長い間、自然の景観と畏敬の念を抱かせる風景に魅了されてきました。10代の時にカリフォルニアからニューヨークに向かうドライブの途中、彼はグランドキャニオンに立ち寄り、その端に座ってつま先をぶら下げ、何層にも重なる地層に見とれました。「それを、特にIMAXシアターで見ると、あたかも自分がそこにいるような感覚が得られ、私が18歳の時に経験したように、誰もが感動するはずです」。

1970年代初期、グレッグはハリウッドでスタンリー・キューブリック(高く評価された「シャイニング」のオープニングシーンを撮影)をはじめとする伝説的な映画監督達の下で働き、これまで、ヘリコプターに乗って200を超えるシーンを監督しました。グレッグの息子であり、ビジネスパートナーでもあるショーンは12歳の時から映画制作に携わっています。彼は我を忘れるほど没頭させるストーリー作りにこだわっており、グレッグと同様に、「子どもたちにカメラをもたせ、クリエイティブなインスピレーションを元にしてキャリアを積むことを奨励している」そうです。

マクギリブレイ・フリーマン・フィルムズが手がけている最新プロジェクトのAmerica Wild(原題)は、グレッグが「世界中の全ての人々のためにある場所」と呼ぶ、アメリカの国立公園が誇る雄大さにオマージュを捧げます。ユタ州にある名だたるスリックロック・バイクトレイルにグレッグがカメラを向けた瞬間、彼は4色の色彩を持つ木が、「とりわけ、影になった山原の黒い背景を背にして、強烈な黄色へと変化する」様子に気づきました。風の変化、雲、光、色が繰り広げるこれらの美しい瞬間をありのままに見せることで、観客たちはすっかり魅了されるのです。

グレッグは、アメリカの公園や国立公園が取り組んでいる様々な保護活動や保護されている場所をかけがえの無い存在だとみなしています。彼はこう言います。「私達は、自分たちよりも遥かに偉大なる存在であるものに対して敬意を抱いているのです」。

詳しくは当サイトのユタ・ガイドへ。

映画監督:グレッグ・マクギリブレイ

出身地:カリフォルニア州ラグナビーチ

ウェブサイト:マクギリブレイ・フリーマン・フィルムズ

代表作:『リビング・シー』『ドルフィン』『エベレスト』

ディスカバーアメリカへようこそ。

登録が完了したため、旅行プランをスーツケースに保存できるようになりました。

探索を開始する

メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送信されます。

メールをご確認ください。

探索を開始する

アカウントのパスワードが正常に変更されました。 新しいパスワードを使用してログインしてください。

探索を開始する