Skip to main content
オフィシャルトラベル情報
View More

レンタカーに関するヒント

カテゴリ

オフィシャルトラベル情報

 

 

1.レンタカー契約内容をじっくりと確認

車を予約する前に、レンタカー会社の約款を目をこらして読む必要があります。複数人で運転する場合や、車で州外または国外に行く場合などに追加料金が発生する場合があるためです。そうした料金はレンタル料金表に記載されていない場合があります。

長期のロードトリップを計画している場合、最もお得な料金で車を借りる必要があります。走行距離制限を超過して追加料金が発生することのないように、予約前に走行距離に応じた料金を比較しましょう(追加料金を支払い、超過料金対象となる走行距離の上限を引き上げることもできます)。車の返却ルールもチェックして、いつまでに車を駐車場に返却しなければならないのかを確認する必要があります。営業時間外の返却を認めていない会社もあります。レンタカー会社は 24 時間単位の料金体系になっていることが多いため、追加料金を回避するにはその車の貸出開始時刻までに車を返却する必要があります。

2.レンタカーを予約

アメリカには、アラモ(Alamo)エンタープライズ(Enterprise)など、名の通ったレンタカー会社がいくつかあり、燃費のいいハイブリッドカーや、家族全員で乗れる大型のミニバンなど、旅に最適な車を借りることができます。

3.保険に加入

ほとんどのレンタカー会社は、その州で義務付けられている、補償額の限られた保険にしか加入していません。追加保険に加入して、補償範囲を拡大できますが、まず自分が加入している保険がレンタカーを補償対象にしているかどうかを確認する必要があります(一部のクレジットカード会社もレンタカーを補償対象にしています)。レンタカー会社を通じて追加保険に加入すると、レンタカーが事故、火災、または盗難に遭った場合に、車両損害免除制度によって債務が免除されます。他の車に損害を与えた場合に備えて、さらに補償範囲の広いオプションもあります。

アメリカのレンタカー会社は、鍵の紛失、ガソリン切れ、タイヤのパンクなどの緊急事態に対応するロードサイドサービスを提供しています。ただし一部の代理店ではこうしたサービスに追加料金を適用しています。ロードサイドサービスの電話番号はレンタカーの関連書類に記載されていますので、必ず手元に置いておきましょう。

レンタカーの運転中に駐車違反や交通違反の切符を切られれば、罰金が課されます。責任を持って運転しましょう。

4.準備は万全に

一部のレンタカー会社は 25 歳未満のドライバーにも車を貸し出していますが、多くの場合、追加料金が設定されています。車をピックアップする際に、当人が車を借りることを記した確認書類(事前に予約していた場合)と、有効な自国の運転免許証または国際運転免許証(自国の運転免許証が英語以外の言語で表記されている場合)を提示する必要があります。レンタカー料金を支払い済みであっても、保険の手続き上、運転免許証と同じ名義の有効なクレジットカードも提示する必要があります。

5.車の共有 

車を運転する可能性のある同行者全員が、車を借りる当人とともにレンタカー会社に出向いて、有効な運転免許証または国際運転免許証を提示し、レンタカー契約にサインする必要があります。多くのレンタカー会社は、ドライバーを追加することに追加料金を適用します。

6.車のピックアップ

現地に到着してすぐにロードトリップに出発する場合は、空港内にあるレンタカー会社で車を予約するといいでしょう。ただし、到着地に数日間滞在する場合は、出発する準備が整うまで車のピックアップを待ってもいいでしょう。大都市では駐車場が限られ、駐車料金も高額です。出発直前に車をピックアップすることで、コストを抑え、トラブルを回避できます。

車をピックアップする際に、必ず入念に車を調べましょう。車のコンディションについてメモし、写真を撮り、ガソリンが満タンで計器類が正常に動作することを確認します。何か問題があった場合は、出発する前にレンタカー会社に報告してください。

7.車の返却

レンタカーを返却する前に注意すべきことがいくつかあります。延滞料金を回避するために、時間の余裕を持って返却しましょう。返却時に長い列ができている場合もあります。返却前にガソリンを満タンにするか、またはレンタカー会社に料金を支払って返却後に満タンにしてもらうことができます。レンタカー会社に料金を支払ってガソリンを満タンにしてもらう場合、かなり割高な料金を適用されることが多いため注意してください。

レンタカー会社のレンタカー返却の標識に従って車を返却できます。鍵を返却する前に、車に私物が残っていないか確認し、よい状態で車を返却したことを証明するために写真を撮りましょう。

この記事はアラモ(Alamo)が提供しています。