Skip to main content
サウスカロライナ州チャールストンの馬車ツアー

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

1 of 9
サウスカロライナ州チャールストンの港の釣り船

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

2 of 9
サウスカロライナ州チャールストンのレストラン

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

3 of 9
サウスカロライナ州チャールストンの夕日の眺め

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

4 of 9
サウスカロライナ州 チャールストンの釣り桟橋

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

5 of 9
サウスカロライナ州チャールストンの キングストリートの店

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

6 of 9
サウスカロライナ州チャールストンのレインボー通りの馬車ツアー

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

7 of 9
サウスカロライナ州チャールストンでの魚釣り

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

8 of 9
サウスカロライナ州チャールストンの屋上のバー

サウスカロライナ

サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ

9 of 9
サウスカロライナ州チャールストン:アクティビティと見どころ  Map
View More
  • States:
    サウスカロライナ

最近、コンデナスト・トラベラー(Conde Nast Traveler)によって、チャールストンが世界の人気観光地の 1 つに指定されたのも不思議ではありません。

おいしい食事、文化的アトラクションの主催と美しい歴史的建造物を誇るチャールストンは理想的な休暇のための旅行先としてのすべての条件を満たしています。 伝統と現代の独特の組み合わせがチャールストンの独自の雰囲気を醸し出す源となっています。

歴史地区

チャールストンには改装されて、維持管理が行き届いた 20 世紀初頭の建築物が数多くあります。 これが最も顕著に見られるのがチャールストンの歴史的なキングストリート(King Street)です。 この歴史的なショッピング、レストラン、デザインの街は、3 つのエリアで構成されています。アッパー・キング・ストリート・デザイン・アンド・ダイニング地区(Upper King Street Design and Dining District)、ミドル・キング・ストリート・ファッション地区(Middle King Street Fashion District )、そしてローワー・キング・ストリート・アンティーク地区(Lower King Street Antiques District)です。 電子機器から工芸品まで、欲しいものが何でも見つかります。

多くの有名ブランドに加えて、数十ものユニークな地元の小売店を散策しましょう。 多くの店が歴史的に重要な建物の中にあり、チャールストンの古さと新しさの融合が表れています。 アンソロポロジー(Anthropologie)、アップル(Apple)、バナナリパブリック(Banana Republic)、ギャップ(Gap)などの多くの有名なブランドショップだけではなく、 チャールストンらしさを持ち帰れるような地元の店にも立ち寄ってみてください。 ブルー・バイシクル・ブックス(Blue Bicycle Books)は新刊と古本を販売し、地元の作家を支援する地元の人気店です。 キングストリート(King Street)のアンティーク地区では、有名なジョージ・C・ バーラント・アンド・カンパニー(George C. Birlant & Co)を覗いてみましょう。ここは 1922 年から世界中の高級アンティークを販売しています。

小腹がすいたら、何かつまみましょう。キングストリートは、一流レストランからサウスカロライナ本場の人気グルメまで、素晴らしいレストランが揃っている場所でもあります。 パイやケーキなどのデザートに誘惑されてカミンスキーズ(Kaminsky’s)に立ち寄ったら、その後はバーでドリンクを楽しむこともできます。

その後は、馬車に乗り込み、チャールストンならではの 300 年の歴史と数多くの歴史的建造物や名所を訪れましょう。

象徴的なスポット

歴史地区(Historic District)でのショッピングの後は、チャールストン・シティ・マーケット(Charleston City Market)に訪れましょう。 マーケットのさまざまなホールで、手編みのスイートグラスのバスケット、石鹸、ジュエリー、洋服など、多くの地場産品が販売されています。 また、素敵なエスプレッソバーやフードスタンドもあります。

チャールストン・ハーバー(Charleston Harbor)のザ・バッテリー(The Battery)には、南北戦争時代の大砲と大砲の弾、数々の銅像、海辺に立ち並ぶ南部様式の邸宅があります。

あるいは、有名なブーン・ホール・プランテーション・アンド・ガーデンス(Boone Hall Plantation and Gardens)にそびえ立つ 2 列のオーク並木の間を歩きましょう。 1743 年に植えられたこの並木は米国で最も人気のある写真撮影スポットです。 邸宅は元のままではありませんが、この風格のある建物は、遠い昔を思い起こさせる本物の建造物です。 ガラ人(サウスカロライナ州ローカントリーで独自の言語と文化を継承しているアフリカ人奴隷の子孫)の女性が伝統的なかごを作る様子を見学し、奴隷小屋を訪れましょう。 プランテーション馬車ツアーに参加したり、バタフライパビリオン(Butterfly Pavilion)を訪れたりすることもできます。

グルメと宿泊

ディナーには、チャールストン・プレイス・ホテル(Charleston Place Hotel)のシェフ、ミッシェル・ウィーバー(Michelle Weaver )が腕をふるうチャールストン・グリル(Charleston Grill)を訪れてみましょう。 このレストランは世界的なジャス演奏家のライブスポットでもあります。 毎晩、食事と共に演奏をお楽しみいただけます。キッチンでは 4 種類のメニューで極上の料理を提供しています。

宿泊には、トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)誌の読者投票で上位にランクインしているホテル、マーケット・パビリオン・ホテル(Market Pavilion Hotel)へ。 シックなロビーや高級レストランから、パノラマビューを楽しめるパビリオン・バー(Pavilion Bar)、階段状のプール、極上の料理とカクテルに至るまで、すべてが別格のホテルです。

他に人気のある地元のスポットとしては、チャールストンの美しいダウンタウン地区の B&B、エリオット・ハウス・イン(Elliot House Inn)があります。 この建物の歴史は 1861 年にまで遡ります。 銀のお盆に載せて客室に届けられるコンチネンタルブレックファストや、建物の中央にある趣のある心地よい中庭をお楽しみください。

チャールストンのイベント

チャールストンでは、年間を通じて、エキサイティングで興味深い数多くの文化的イベントが開催されています。 野生生物の出展者と専門家が集まるサウスイースタン・ワイルドライフ・エクスポジション(Southeastern Wildlife Exposition)は、その種の国内最大のイベントであり、2 月に開かれます。 3 月のチャールストン・ワイン・アンド・フード・フェスティバル(Charleston Wine + Food Festival)では、多くの地域の食の特産品とおいしい料理が紹介されます。 5 月の初頭から 6 月初旬までは、スポレートフェスティバル(Spoleto Festival)とピッコロ・スポレート・フェスティバル(Piccolo Spoleto Festival)が開催されます。 同時に開催されるこれらのフェスティバルでは、パフォーマンスアート、視覚芸術、文化的なパフォーマンスが披露されます。 チャールストン・ファッション・ウィーク(Charleston Fashion Week)もエキサイティングなイベントです。また、アニュアル・フォール・ツアーズ・オブ・ホーム・アンド・ガーデン(Annual Fall Tours of Homes and Gardens)は 9 月終わりから 10 月にかけて開催され、数百年におよぶの地元の歴史を探訪する素晴らしい機会です。

チャールストンは、旅慣れた旅行者も簡単に魅了する街です。 この素晴らしい街で過ごす瞬間はすべてが魅力的です。今すぐサウスカロライナ州チャールストンへの旅を計画しましょう。

さらに調べる

Solar Eclipse
View More

旅のアイデア

日食の観察