Skip to main content
Travel the Samoan Way

サモア式の旅

1 of 1
  • States:

トロピカルパラダイスの独特な文化を体験

太平洋の南西、ハワイとニュージーランドの中間に位置するサモア群島は3000年以上前から人々が暮らしていましたが、ヨーロッパ人によって「発見」されたのは18世紀になってからです。 19世紀後半、サモアは分割され、東部は米国に併合されました。 アメリカ領サモアは州ではなく、5つの島(トゥトゥイラ、アウヌウ、オフ、オロセガ、タウ)と2つの環礁(ローズ、スウェインズ島)から成る準州であり、首都はパゴパゴです。

ハワイから5時間(または、サモアから30分)かけて空路を行く理由は何でしょう? 1つには、恵まれた天候です。年間を通した平均気温は28度で、海水はそれより高い温度です。 さらに、島々は際立って未開発の状態です。島の90パーセントは熱帯雨林のまま残っています。 アメリカンサモア国立公園(トゥトゥイラ、オフ、オロセガ、タウ)では環境が保護され、その自然を体験することができます。 陸上では、ビーチの散策、絶壁の眺めが素晴らしい熱帯雨林のハイキング、考古学遺跡や第2次世界大戦跡地の探索、風光明媚なコースのドライブ、遠くの村への訪問、ラタ山の登山が楽しめます。 海ではご期待どおり、壮大なスノーケリングが楽しめます。 国立公園は800を超える自生の魚を誇ります。 ボートでファガテル湾国立海洋保護区を訪れることもできます。イルカ、ウミガメ、タコ、その他多くの種類の生物と一緒に泳げるかもしれません。 秋はザトウクジラが繁殖のためサモアにやって来ます。 海洋保護区は無料で入れますが、入る前にAsuemu Fuimaono氏との手続きを済ませる必要があります。

この最後の記述がアメリカ領サモアについて多くを語っています。つまり、島には物事に対する独特のやり方があります。その特異性が、人々がこの場所を旅する最大の理由なのかもしれません。 サモア文化の主な流儀、つまりサモア式の方法とは、とりわけマタイつまり首長と、大家族の全員が責任を持つということです。 そして、サモアの人々は非常に信仰心に厚い人々であり、キリスト教を信じています。 ほとんどの村では夜の祈りが行われ、その時間帯の外出はできません。日曜日はほとんどの店が休業します。 あらゆる場所できちんとした服装が求められます。ビーチでは、露出の多い水着はできるだけ控えましょう。 (ビーチ以外の場所では、常に水着の上に服を着ていなくてはいけません。)

サモア文化を理解する最良の方法は、一般家庭つまりサモア諸島の家に滞在することです。国立公園には「ホームステイ」プログラムが用意されており、手配は思ったほど難しくはありません。 サモア諸島の家に入る前にはいつも靴を脱ぐことなど、ホストファミリーは地元の習慣を教えてくれます。サモア人のように釣りをしたり、サモアの工芸品を作ったりできるかもしれません。 ホテルに滞在する場合でも、地元の人々と交流できます。観光業界全体がサモアの人々によって運営されています。

Pola Island

Pola Island
View More
American Samoa Visitors Bureau