Skip to main content
ミズーリ州キューバにあるミズーリヒックバーベキューレストラン

ミズーリ州

ルート 66 沿道での食事:食通のためのミズーリ州のロードトリップ

提供: Heather Lalley

1 of 1
  • States:
    ミズーリ州

ミズーリ州にのびるルート 66 で覆る食の常識

この 483 キロメートルにのびる象徴的な道は、家族経営の飲食店、地元民のお気に入りの食事処、思い出に残る観光スポットなどで盛りだくさんです。 道を少し外れた所にも楽しい食の冒険がたくさん待っています。

デビルズエルボウ

ビッグパイニー川(Big Piney River)を従える風光明媚なデビルズエルボウ(Devil’s Elbow)では、モーターサイクリストに便利なエルボウ・イン・バー&BBQ(Elbow Inn Bar & BBQ)に寄って食欲を満たしましょう。 ここでは、バーベキューリブやその他の肉類を盛り付けたプレート、コールスローサラダやサヤマメのキャセロールなど、作りたてのサイドディッシュを楽しめます。 ジュークボックスから流れる音楽を楽しむ時間も少しとっておきましょう。

詳細情報

レバノン

南に約 40 分の所にあるレバノンでは、ダウズキャットフィッシュ&BBQ(Dowd’s Catfish and BBQ)に寄るのをお忘れなく。 このレストランは、南部風のおもてなしとナマズのフライやバーベキューといったバイユー風の人気料理で知られています。

ダウズキャットフィッシュ&BBQでは、揚げたナマズや牛肉のブリスケットなど、ミズーリ州の農村部特有の食べ物を味わえます。

ダウズキャットフィッシュ&BBQでは、揚げたナマズや牛肉のブリスケットなど、ミズーリ州の農村部特有の食べ物を味わえます。
View More
ミズーリ州農村部
詳細情報

スプリングフィールド

あと 1 時間ほど南に向かうと、ルート 66(Route 66)の発祥の地、ミズーリ州スプリングフィールドに到着します。 セントルイス・ストリート(ルート 66)沿いのステーキ・アンド・シェイク(Steak ’n Shake)でハンバーガーにかぶりつき、歴史を味わってみましょう。 1960 年代初頭からの老舗で、創業当初からのネオンがまだ使われており、 国家歴史登録財(National Register of Historic Places)に指定されています。 ブラックシープバーガー&シェイク(Black Sheep Burgers and Shakes)など食通のお気に入りで溢れるこの町では、ダウンタウンを探索するとクラシックカーも目に付くでしょう。

ブラックシープバーガー&シェイクでは、ブルサンチーズ、じっくり炒めた玉ねぎ、トリュフマヨネーズをトッピングしたフーディーという独創的なハンバーガーなどが目玉です。

ブラックシープバーガー&シェイクでは、ブルサンチーズ、じっくり炒めた玉ねぎ、トリュフマヨネーズをトッピングしたフーディーという独創的なハンバーガーなどが目玉です。
View More
エティ・バーネキング/フィーストマガジン

カーセッジ

スプリングフィールドから西へ 1 時間ほどの美しいカーセッジは、ビクトリア朝時代の魅力で溢れています。 裁判所(Courthouse)の広場を散歩して、ウィスラーズドライブアップ(Whistler’s Drive-Up)で燃料補給しましょう。 このアイコニックなレストランは、1953 年創業以来、決して冷凍ものは使わず作りたてのハンバーガーのみを出しています。

ジョプリン

カーセッジの南西に車で 30 分も行けば、ルート 66 沿いを移動する際はぜひ立ち寄りたい鉱山の町ジョプリンがあります。 ロードトリップを計画するときは、歴史的なルート 66 沿いにあるジョプリンのダウンタウンも必ずプランに入れることをお勧めします。 ルート 66 ミューラルパーク(Route 66 Mural Park)で止まったら、レッドオニオンカフェ(Red OnionCafé)で何か小腹に入れましょう。

レッドオニオンカフェの家庭料理をいただくとほっとします。 作りたてのスープ、サラダ、ハンバーガーなどを入れるスペースを空けておきましょう。

レッドオニオンカフェの家庭料理をいただくとほっとします。 作りたてのスープ、サラダ、ハンバーガーなどを入れるスペースを空けておきましょう。
View More
ジョプリン CVB

ロードトリップで立ち寄りたい所

ルート 66 を少し外れると、空の胃袋を落ち着かせるスポットがさらに多くあります。 セントチャールズ(St. Charles)に ある新アメリカ料理のホットスポット、プラジノ(Prasino)で、持続可能なオーガニックミールをいただいて高級感を味わいましょう。 それとも、キムジックズザブルーオール(Kimmswick’s The Blue Owl)で、見事なレヴィー・ハイ・アップル・パイ(Levee High Apple Pie)にかぶりつくのも楽しいでしょう。 朝食は、レイク・オブ・ザ・オーザークス(Lake of the Ozarks)のオーセージビーチ(Osage Beach)にある、ベニエが人気のオンザライズレストラン(On the Rise Restaurant)でとるのはいかがでしょうか。 夜ごはんにはパッポズピッツェリア&パブ(Pappo's Pizzeria and Pub)が素敵です。パイはどれも、石炉のオーブンで焼かれます。 ブランソンでは、ザキーターセンターアットカレッジオブザオザークス(The Keeter Center at College of the Ozarks)の学生が腕を振るう作品を味わうことができます。 軽くふわふわとしたお皿いっぱいのパンケーキを求める人々でいつも込み合うログキャビン、ビリーゲイルズカフェ(Billy Gail's Cafe)で、素朴なひとときを過ごしましょう。 巨大なハンバーガー、チリを使った熱々の料理、そしてもちろん各種シェイクやアイスクリームも楽しめる昔ながらのレストラン、ブランソンズ・ビリー・ボブズ・デイリーランド(Branson’s Billy Bob’s Dairyland)もお忘れなく。

ミズーリ州のキムズウィックにあるザブルーオールは、リンゴのゴールデンデリシャス(Golden Delicious)18 個と手作りのパイ生地を使ったアップルパイの塔で有名です。

ミズーリ州のキムズウィックにあるザブルーオールは、リンゴのゴールデンデリシャス(Golden Delicious)18 個と手作りのパイ生地を使ったアップルパイの塔で有名です。
View More
ミズーリ州観光局

アクセス方法

ミズーリ州には、カンザスシティ国際空港(MCI)と ランバート・セントルイス国際空港(STL)があります。 コロンビア(COU)、ブランソン(BKG)、スプリングフィールド(SGF)といった地方空港もあるので、ダラス、シカゴ、フェニックス、アトランタ、デンバー、ヒューストンなどのハブ都市への行き来も便利です。 ミズーリ州には、州を横断するアムトラック(Amtrak)の鉄道サービスもあり、 セントルイスやカンザスシティなどに停車します。

さらに調べる

Travel the Samoan Way
View More

旅のアイデア

サモア式の旅

Solar Eclipse
View More

旅のアイデア

日食の観察