Skip to main content
ルイジアナ州オーク・アレー・プランテーションの美しい風景

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

1 of 9
ルイジアナ州オーク・アレー・プランテーション内にある鍛冶屋の作業場

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

2 of 9
ルイジアナ州オーク・アレー・プランテーションに続く道

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

3 of 9
ルイジアナ州オーク・アレー・プランテーションの正式なダイニングルーム

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

4 of 9
ルイジアナ州の由緒あるデストレハンプランテーションの室内

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

5 of 9
ルイジアナ州ローラプランテーションの入口

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

6 of 9
ルイジアナ州のプランテーションカントリーで催されているアリゲーター見学ツアー

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

7 of 9
ルイジアナ州オーク・アレー・プランテーション周囲のスパニッシュモスに覆われた木々

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

8 of 9
ルイジアナ州ニューオーリンズ・プランテーション・カントリーで味わえるおいしい食事

ルイジアナ

ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー:ルイジアナ州の歴史と文化を学ぶ

9 of 9
  • States:
    ルイジアナ

ニューオーリンズも必見ですが、わずか 1 時間の距離には旅行を計画するのに値する街があります。

ニューオーリング・プランテーション・カントリーでは、壮大なプランテーションがいくつも立ち並び、当時を思わせるユニークな光景が見られます。 南北戦争前の邸宅が、農場、ガーデン、手入れの行き届いた土地に囲まれているところもあります。

ホーマ・プランテーション

昔は「シュガーパレス」と呼ばれたホーマ・ハウス・プランテーション(Houmas House Plantation)は、当時アメリカ最大規模の砂糖生産農場でした。 このプランテーションの見どころは、邸宅を取り囲む敷地の美しさです。 家の背後には息ののむような見事な噴水があり、絶好の撮影ポイントになっています。 見事な庭園に加えて、ホーマ・ハウス・プランテーションには優美な建築や内装と宿泊用のキャビンがあり、さらに敷地内にはとてもおいしいレストランまであります。 1770 年代にさかのぼる歴史を持つラティルズレストラン(Latil’s Restaurant)はルイジアナ州で最も贅沢な食事を楽しめる店のひとつですが、バーンサイドカフェ(Burnside Café)ではもっとカジュアルなランチを、あるいはホーマハウスのワインセラー(Wine Cellars of Houmas House)では銘醸ワインを味わうことができます。

ローラ・プランテーション

ローラ_プランテーション(Laura Plantation)でのツアーは、1800 年代終わりまで砂糖プランテーションとしてこの農場を経営していたローラ・ラクール・ゴアの世界に案内してくれます。 この邸宅は、グレート・リバー・ロード(Great River Road)にある他のプランテーションの多くとはまったく異なる外観を備えており、明るい色彩と独特の優雅なフレンチクレオール様式が特長です。 このプランテーションのガイドは実に私たちの心を捕らえます。 ローラ・プランテーションは 1870 年代に民俗学者のアルシー・フォルティエが、奴隷だった人々から西アフリカの話を聞き書きする作業を始めた場所としても有名です。 聞き書きは後に出版され、「ブレアラビットの物語」として広く知られるようになりました。

エバーグリーン・プランテーション

エバーグリーン・プランテーション(Evergreen Plantation)は、壮麗なカーブを描く二重の階段を備え、南部で最も当時の姿を残すプランテーションです。クエンティン・タランティーノ監督の映画『ジャンゴ 繋がれざる者』の撮影にも使用されました。 国家歴史登録財として登録されている建物が 37 棟あり、そのうち 22 棟は当時の配置そのままの奴隷小屋です 現在も、エバーグリーン・プランテーションは砂糖を生産するプランテーションとして運営されています。 注目に値するこの歴史的なプランテーションに立ち並ぶ、樹齢 200 年のオークの木の下を歩くのを忘れないでください。

サンフランシスコ・プランテーション

規模としては最大ではありませんが、ミシシッピ川(Mississippi River)沿いで最もプランテーションが栄えたのはサンフランシスコだと考えられています。 鮮やかなブルーの鎧戸と明るい黄色に彩られた細かい外装は、グレート・リバー・ロード沿いにある落ち着いたたたずまいのプランテーションとは好対照です。 中に足を踏み入れると、過ぎ去った栄光の日々を思わせる華麗な細かい装飾、5 つの手描きの天井、当時使用されていた家具で満たされた 14 の部屋に誰もが目を見張ります。

オーク・アレー・プランテーション

樹齢 300 年の荘厳なライブオークの並木がギリシャ復興様式の豪邸の正面まで続いています。 当時の服装をしたガイトが迎えてくれるオーク・アレー・プランテーション(Oak Alley Plantation)は、敷地内にある B & B のコテージの細部にまで心配りが行き届いており、一泊だけで去るのは惜しいと思わせる素敵な場所です。 このプランテーションを訪れる人のために、ちょっとしたヒントを紹介しましょう。誰もがするように一階バルコニーからオークの並木道の写真を撮影した後は、オークアレー(Oak Alley)の反対側にある堤防の上に歩いて登り、ミシシッピ川の力強い流れを見渡してください。 その光景は、わざわざ見に来てよかったと思えるアメリカを象徴する眺めです。

セント・ジョセフ

セント・ジョセフ(St. Joseph)はこの地域では数少ない家族経営のサトウキビプランテーションであり、当時の姿を今もそのまま伝えています。 邸宅は壮麗なクレオール様式で、驚くほど広いポーチが特長です。 本館から奴隷小屋、鍛冶屋の作業場、学校として使われていた建物など、ここで 19 世紀の人々が営んでいた生活と労働を見て回ることができます。 この施設は 1877 年にこのプランテーションを手に入れたジョセフ・ワグスパックの子孫によって今も保有され運営されているため、 ここでのツアーは所有者一族のメンバーがガイドを務めることが多いということです。

デストレハン・プランテーション

ニューオーリンズからわずか 25 分のデストレハン・プランテーション(Destrehan Plantation)は、ミシシッピ川下流地域で記録された邸宅としては最も古く、ニューオーリンズ・プランテーション・カントリー(New Orleans Plantation Country)内の人気スポットのひとつです。 ここでは、ガイドが建築について詳しく説明してくれ、住人の生活に関しても教えてくれるばかりか、アメリカ大統領 トーマス・ジェファーソンやジェームズ・マディソンが署名した文書まで見せてくれます。

プランテーション以外

プランテーション巡りが終わったら、アーサー・マサーン船長のエアボートツアーでルイジアナ州の有名な沼地を探検しましょう。 沿岸警備隊の元船長であり生まれてからずっとバイユーガウチ(Bayou Gauche)に住んでいるアーサーは、沼地の野生生物を誰よりもよく知っています。 美しい風景や野生生物は、映画で見るよりもずっとすばらしいものです。

夕食には、B & C シーフード・リバーサイド・マーケット(The B & C Seafood Riverside Market)やケイジャンレストラン(Cajun Restaurant)の小エビ、ガンボ、エビなどの料理を賞味しましょう。 さまざまな文化が融合した伝統は、提供されるルイジアナの料理にも息づいています。

さらに調べる

Solar Eclipse
View More

旅のアイデア

日食の観察