Skip to main content
フランク・ロイド・ライド・ホーム&スタジオへの入口 – イリノイ州オークパーク

イリノイ

イリノイ州オークパーク:フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイの故郷を訪ねましょう

1 of 7
アーネスト・ヘミングウェイの生家への入口 – イリノイ州オークパーク

イリノイ

イリノイ州オークパーク:フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイの故郷を訪ねましょう

2 of 7
アーネスト・ヘミングウェイの生家への入口 – イリノイ州オークパーク

イリノイ

イリノイ州オークパーク:フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイの故郷を訪ねましょう

3 of 7
当時のまま残されたアーネスト・ヘミングウェイの生家のダイニングルーム – イリノイ州オークパーク

イリノイ

イリノイ州オークパーク:フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイの故郷を訪ねましょう

4 of 7
フランク・ロイド・ライドの家のダイニングルーム – イリノイ州オークパーク

イリノイ

イリノイ州オークパーク:フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイの故郷を訪ねましょう

5 of 7
フランク・ロイド・ライド・ホーム&スタジオへの入口 – イリノイ州オークパーク

イリノイ

イリノイ州オークパーク:フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイの故郷を訪ねましょう

6 of 7
フランク・ロイド・ライド・ホーム&スタジオにある設計図 – イリノイ州オークパーク

イリノイ

イリノイ州オークパーク:フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイの故郷を訪ねましょう

7 of 7
  • States:
    イリノイ

数日滞在してオークパークと建築家フランク・ロイド・ライトや作家アーネスト・ヘミングウェイとのつながりを探ってみてはいかがでしょう。

シカゴのすぐ西にあり、シカゴの「L」 グリーンラインやメトラ(Metra)鉄道で簡単にアクセスできる、のどかなイリノイ州オークパーク。数々の史跡に魅力的なレストラン、素敵なお店と街路樹が立ち並ぶストリートが堪能できるこの街は、本当に素晴らしい街です。 フランク・ロイド・ライトやアーネスト・ヘミングウェイがここで過ごした時間、その足跡をたどるスポットが目白押しですが、ダウンタウンでのショッピングや食事も是非お楽しみください。

近代建築の先駆者、フランク・ロイド・ライト

オークパークにあるフランク・ロイド・ライド・ホーム&スタジオ(Frank Lloyd Wright Home and Studio)は世界的に有名な複合建築物。かの有名な建築家が、そのキャリアの最初の 20 年をここで過ごしました。 彼の居住スペースや、オリジナルの設計図や図面が飾られた隣接のスタジオからはアメリカ、そして世界で建築の道を歩んだ男の人生が垣間見えます。

「オーガニック建築」で知られるライト。自然にインスパイアされた建築で、自然の光を最大限に取りこめるよう設計されています。 アートガラスとも呼ばれるステンドグラスに、布地の壁、背の高い椅子や屋根裏のない高い天井…1800 年代後半の建築物にこれほどまでの「モダンさ」がちりばめられているのは、とても驚異的です。

彼の邸宅とスタジオ内部のガイド付きツアーに参加してみましょう。知識が豊富なガイドが、個人で訪れたら見逃してしまいそうな建築の細部まで、重要なポイントを教えてくれます。 また、ライトが設計した 25 の建築物を含む周辺の歴史地区のセルフガイド・オーディオツアーもぜひご利用ください。 オークパークは世界で一番フランク・ロイド・ライトの建築が集まった街です。

伝説的な作家、アーネスト・ヘミングウェイ

可愛らしいオークパークの街は、著名なアメリカの作家で象徴的存在アーネスト・ヘミングウェイの生誕の地としても知られています。 ヘミングウェイが実際に生まれ育った場所、アーネスト・ヘミングウェイの生家(Ernest Hemingway Birthplace)を訪ねてみましょう。 何百時間もの修復を経て、彼の生家は元のビクトリア朝の優美な姿を取り戻しています。 ツアーに参加して、ヘミングウェイの幼少期、家族や影響を及ぼした生活環境など、たくさんのことを学んでみましょう。

彼の生家からオークパーク・アベニューを少し進んだ先にあるアーネスト・ヘミングウェイ博物館(Ernest Hemingway Museum)には彼の貴重な写真、映像、特別展示などが収蔵されていて、この作家の人生をさらに深く掘り下げることができます。 ここでは、彼の魅力的な写真、映像、子どもの頃の日記、個人的な手紙などに映し出される感性の鋭い若者の姿を見ることができるでしょう。 古い机には、ヘミングウェイが使ったものと全く同じ型のタイプライターが置かれています。ここでは、このタイプライターに向かって座り、係員が入れてくれた真っ白な紙にタイプライターで文字を打つことができます。

また、入場券は、生家と博物館の両方で使用でき、生家で 1 時間ごとに行われているツアーの料金も含まれています。

オークパークのダウンタウン

洗練されたヨーロッパ風の料理を楽しみたい方には、博物館から道路を挟んだ向かい側にあるヘミングウェイズ・ビストロ(Hemingway’s Bistro)をお勧めします。このレストランでは、フランス名物の鶏肉の赤ワイン煮込み、白いんげん豆と肉の煮込み料理、オレンジ風味の鴨肉などの料理をフランスのビストロ風の雰囲気の中で楽しめます。 オークパークのダウンタウンに向かえば、かわいらしいショップやレストランが立ち並ぶストリートが温かく迎えてくれます。 天気がいい日は、ファーム・トゥ・テーブル、つまり農地直送の材料を使った料理と厳選地ビールを出してくれるレストランのテラス席で、おいしいお食事をお楽しみください。

さらに調べる

Solar Eclipse
View More

旅のアイデア

日食の観察