Skip to main content

「ブラフシティ」の南部の魅力と歴史

テネシー州南西部に位置するメンフィスは、ミシシッピ州との州境からわずか数キロの所に位置しています。 ミシシッピ州デルタのほぼすべての場所に、今日の文化ではまだよくわかっていないユニークな人種と経済の歴史があります。もちろん、伝統的な南部の魅力とおもてなしにあふれています。 メンフィスにたくさんある博物館やアンティークショップに入ると、まるで家族のように挨拶されます。

メンフィスはブルース音楽発祥の地であり、ロックンロールもここで成長しました。市民権を獲得する闘いにおいて重要な進歩があった場所でもあります。 この現在にも引き継がれた歴史は、エルヴィス・プレスリーの人生最後の家、グレースランド(Graceland)の前を通ったり、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(が 撃たれて亡くなった場所にある国立公民権博物館(National Civil Rights Museum)を訪れたりしながら、ちょっと散歩している間でも簡単に触れることができます。 昔からのアトラクションや「ブラフシティ」をそれらしくしているランドマークは、今は新しい住宅や商業開発のビルなどと混じり合っています。また、歴史的建造物も復元されています。

 

都会の野生生物

今日のメンフィスは、特に動物愛好家にとって魅力的です。 メンフィスにある有名な 5 つ星ホテル、ピーボディ(The Peabody)では、豪華なロビーの噴水の近くで活発なアヒルの群れが一日を過ごしています。 毎日午前 11 時には、小屋から噴水まで行進する鳥たちを見るのに集まった人々で賑わいます。午後 5 時には、噴水から小屋に帰る鳥たちを見るために人々が集まります。 ビールストリートの中心にあるシルキーオサリバンズパブ(Silky O'Sullivan's Pub)では、おいしいバーベキューを出していますが、主な見ものはビール好きのヤギです。 外に座ってヤギがヤギの塔を登るのを眺めながら、ビールを飲みましょう。 また、1,820 ヘクタールのすばらしいシェルビー農場パーク植物園(Shelby Farms Park Conservatory)は改装された刑務所で、ニューヨーク市のハイライン(Highline)の裏にあるチームによって設計されました。

 

地元の音楽

ネオンに照らされるビールストリートは、ルイ・アームストロングや BB キングがミュージシャンとしての道を歩み始めた場所です。 1977 年、米国 議会はビールストリートを「ブルースの家」と正式に認定しました。ビールストリートの真髄を体験するには、シルキーオサリバンか B.B. キングズ(B.B. King’s)に行きましょう。地元民のようにメンフィスを体験するには、ブルーワーム(Blue Worm)で夜を締めくくります。 ここでは、街のジュークジョイントの常連が、金曜日と土曜日の夜遅まで集います。 メンフィスに人々を引き付けるさまざまな魅力と同様、ブルースも町の歴史に深く根ざした魂と気概を反映しています。 音楽愛好家なら、スミソニアン博物館(Smithsonian Institution)が管理するメンフィスロックンソウル博物館(Memphis Rock n’Soul Museum)と、オーティス・レディングのような偉大なアーティストが音楽を録音した最初のスタックスレコーディングスタジオの敷地にあるスタックスアメリカンソウルミュージック博物館(Stax Museum of American Soul Music)を訪れてみましょう。

Hot Air Balloon over Asheville, North Carolina
View More

体験メンフィス

Solar Eclipse
View More
旅のアイデア

日食の観察

旅のアイデアをさらに表示

メンフィスのオフィシャルトラベルサイト

さらに調べる

Solar Eclipse
View More

旅のアイデア

日食の観察